サーモグラフィカメラで

耳内温度を測定

 非接触エリア温度測定 

【YGA-1000】

非接触検査で、ウィルス感染リスクを軽減

通勤・通学・入場時等の一次検査にかかる工数を大幅に減らし、
サーモグラフィカメラにより発熱者をいち早く発見。
貴方の大切な人を、感染リスクから守ります。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

※新着情報

2020.7.14 You tubeチャンネルを開設いたしました。
2020.7.16 青梅市商工会議所 会報誌に掲載して頂きました。
2020.7.30 太陽誘電モバイルテクノロジー様にご採用頂きました。
2020.9.16~18 学校教育・施設・サービスEXPOに出展いたします。

なぜ、耳内温度なのか?


額をはじめとした、体表面の温度は、
外気温などの条件により、大きく変化します。
体内の深部温度に近い耳内温度を計測することにより、
安定した温度計測を実現いたしました。

サーモグラフィカメラの撮影画像

短時間で、安定した測定結果を

1人あたりの測定時間は1秒以下。
測定される方のストレスを軽減いたします。
体表面の中でも安定している耳内温度の測定を行えるため、
寒冷地や高温地域でも、安心してご使用頂けます。

集団感染リスクの軽減へ

接触リスクを伴わずに体表面を測定し、
設定値以上の発熱をされている方のみを判定いたします。
1次検査にかかる工数を大幅に軽減し、医療用体温計での
2次検査へ、スムーズな移行が可能です。

サーモグラフィカメラの運用例
サーモグラフィカメラの運用例

検査対象者のプライバシーに配慮した設計

サーモグラフィカメラのパッケージ内容

すぐにご使用頂けるよう、
運用に必要な機器をセットにてご用意

専用アプリで、運用も簡単に

設置環境に合わせ、運用のご相談、
アフターサービスも承ります

  • 本製品は、医療機器ではございません。
  • 正確な体温は、医療用体温計をご使用下さい。
  • ご使用環境により、判定基準の調整する必要がある場合がございます。
  • 製品の仕様・デザイン・価格等は、変更となる場合がございます。
風景 イメージ 奥多摩

ワイエイシイガーターについて

創業昭和19年。
編み機メーカーとして設立した当社は、
時代の歩みとともに、現在は電子部品の搬送装置メーカーへ。
時代に寄り添い、東京都青梅市より「今」必要なモノづくりを続けます。

お電話でのお問い合わせ

0428-31-8211

Email:sales@garter.co.jp

営業時間 8:30~17:30(土日・祝日・当社休業日を除く)